■岡山県公安委員会設置道路標識Part1

道路標識調査ノート設置者別道路標識写真集>【33岡山県】岡山県公安委員会設置Part1
 
 

・対象:岡山県公安委員会が設置、岡山県警が管理・取締を行う道路標識

※各画像をクリックすると大きな画像が現れます。
001-001
津山市・市道
【東行】
撮影:2014年1月
掲載:2015年1月31日
 市道から片側2車線の道路に出る交差点です。
 標識柱の番号を示したステッカーを柱に貼る県は多いのですが、岡山県もその例に洩れず。はっきりと「標識管理番号票」と書かれています。
 肝心の標識板の方ですが、「一時停止」や「横断歩道」に関連した標識は、裏面に補強金具を溶接する位置が都道府県や、同じ県でも年代によって異なってきます。現在の岡山の場合は、かなり間隔を空けて2つの補強金具を付けるようです。
001-002
美作市・国道179号
【西行】米子・津山方面
撮影:2014年1月
掲載:2015年1月31日
 複数の標識板を用いていても曲柱を用いることが多い岡山県。標識板が車両に接触しないようできるなどの利点もあります。その一方で、柱が曲がる部分は劣化しやすく、十分なメンテナンスが必要となる欠点もあります。それでもかなり多くの曲柱を見かけます。
 また、岡山県公安委員会が設置する「駐車禁止」には「2輪を除く」の補助標識が付加されます。
001-003
備前市・国道2号
【東行】神戸・姫路・相生方面:
撮影:2011年3月
掲載:2015年1月31日
「進行方向別通行帯」の標識。多くの県では標識柱から吊り下げて設置する方法を採用しますが、岡山県ではテーパーポールに直接設置する方法を採用しています。
001-004
津山市・国道179号
【東行】姫路・美作方面:
撮影:2014年1月
掲載:2015年1月31日
上と同じく、オーバーハング式の道路標識。オーバーハング式用の標識板には縦に二本の高リブが溶接されています。「区間内」の補助標識は平成4年から不要となりましたが、ここでは撤去されず残っています。
001-005
岡山市中区・市道
【南行】東山電停交点南側
撮影:2011年3月
掲載:2015年1月31日
 「自転車・歩行者専用道路」の標識にしては珍しい「路線バスを除く」の表示。小中学校がある地区で、児童の通行が多い道路ですが、路線バスの経路であるので、このような規制が実施されています。
001-006
岡山市北区・市道
【位置】方面・目印
撮影:2011年3月
掲載:2015年1月31日
 岡山駅北口の駅近くに設置。この周辺では景観を意識して、全ての道路標識に茶色塗装が施されています。
 これも、002と同じく曲柱の標識です。「駐車禁止」が取り付けられているポールは柱が長すぎて余っているようですが、元々補助標識を取り付ける予定だったのでしょうか・・・。
001-001

 
 
道路標識調査ノート設置者別道路標識写真集>【33岡山県】岡山県公安委員会設置Part1