■【23愛知県】公安委員会設置道路標識Part1
道路標識調査ノート設置者別道路標識写真集>【23愛知県】公安委員会設置Part1
愛知県公安委員会が設置した道路標識を取り扱います。
件数が溜まり次第、Part2と順に制作します。

※サムネイル画像をクリックすると大きな画像が現れます。
岡崎市・愛知県道26号岡崎環状線
【外回り上り線】豊田・岡崎大橋・暮戸方面:昭和町西交点前
掲載:2011年1月1日

反対側は信号待ちの渋滞。この辺りは複雑な道路交差状況です。
岡崎市・愛知県道44号岡崎西尾線
【下り線】碧南・西尾・桜井方面:昭和町東交点後
掲載:2011年1月1日

設置は昭和52年8月31日。その頃から標識板があったわけでは無さそうですが・・・。
愛知県ではF字型柱で、アームと標識板の間には一本の円柱を通すこのようなタイプが普通です。
蒲郡市・愛知県道323号芦谷蒲郡線
【上り線】浜松・豊橋・豊川・御津方面:元町交点後
掲載:2011年1月1日
蒲郡市・蒲郡市道
【東行】:蒲郡駅前広場前
掲載:2011年1月1日

駅に出る手前に設置され、最近の再開発に伴って設置されたものに思われます。
蒲郡市・愛知県道323号芦谷蒲郡線
【上り線】浜松・豊橋・豊川・御津方面:元町交点後
掲載:2011年1月1日
2の手前に設置されています。元町交点まで4車線でしたが、ここから2車線に縮小されます。
安城市・国道1号線
【西行下り線】大津・四日市・名古屋・知立方面:東栄町交点
掲載:2012年3月31日

信号柱添加の「最高速度(50km/h)」大型板です。
豊田市(旧:稲武村)・国道153号線
【北行下り線】松本・塩尻・飯田・根羽方面:
掲載:2012年3月31日

現在、愛知県では全ての標識に色褪せし難い反射材を用いていますが、ここ数年前まで「駐車禁止」や「はみ禁」といった標識には用いられていませんでした。そのせいで愛知県内には色褪せがひどい標識が今もなおおびただしい量残っています。
豊田市(旧:稲武村)・豊田市道
【南行】
掲載:2012年3月31日

国道153号に出る部分に設置されています。標識柱には「自転車も止まれ」のステッカーが貼られています。
名古屋市熱田区・名古屋市道
【西行】:秋葉交点東側
掲載:2012年3月31日

ここは右側からJRを潜る地下道が合流してくる場所です。
愛知県では、「一時停止」と「指定方向外進行禁止」との二つの標識を設置する場合、前者を下にして、後者を上に持ってくることが多いです。多くの都道府県では通例逆です。
弥富市・国道1号線
【上り線】静岡・豊橋・岡崎・名古屋方面:
掲載:2012年3月31日

国道1号上に設置されたオーバーハング式規制標識です。何故か、名古屋方面向きの「最高速度(50km/h)」のみに「区間内」の補助標識が設置されていません。元々「高速車」の表記が付いた補助標識だったのでしょうか。色褪せ具合から高速車区分があった頃から設置されていたのかもしれません。
10
豊田市(旧:稲武町)・国道153号線
【北行下り線】塩尻・飯田・根羽方面
掲載:2013年8月30日

両面対応の内照式横断歩道です。反対側には路側式で同じ標識が設置されています。
11
名古屋市・
掲載:2013年8月30日

住宅地の路地道で実施されている一方通行規制。愛知県下で一方通行規制が実施される場合は、対象車両が「自動車・原付」となる場合が多く、写真の一方通行規制は典型的なものだと言えます(一方通行関連の標識で「自動車・原付」の補助標識が付くのは近隣では岐阜がある)。

道路標識調査ノート設置者別道路標識写真集>【23愛知県】公安委員会設置part1